気胸専門外来について

肺は風船のような臓器です。気胸は、“肺風船のパンク”と考えて下さい。

極めてまれですが、左右両側の気胸を起こしますと命に関わることもあります。
当院は二次救急病院で、夜間も当直医が常勤しておりますが、専門医師の確実にいる平日・なるべく早い時間に相談いただければ、検査・治療がスムーズに進みます。

お問い合せ先:TEL 047-473-1298(予約センター直通:月~金 午前8時30分~午後5時30分)

当院は、呼吸器外科専門医3人(呼吸器内科8名、心臓血管外科2名)による高度治療が可能な病院です。

溝渕輝明
溝渕輝明

当院の気胸手術は、カメラ(胸腔鏡)を用いて行います。
気胸専門外来担当医師は、溝渕輝明です。
約17年間の千葉大学および関連病院勤務・米国医学部留学の後、
日本の気胸治療の総本山である日産玉川病院気胸センターで
4年3ヶ月間の勤務を終了、当院に赴任しました。

水曜日に専門外来を開いていますが、それ以外でもEメール相談を随時受け付けています(個人情報保護法に準じて、詳細な医療相談は専門外来受診をお願いすることになります)。

自然気胸

自然気胸に対する、2ポート(2穴)胸腔鏡(カメラ)手術によるダブルカバーリング法を考案、最近1年7ヶ月間に約100人の方に対して手術を行い、今のところ再発率は0%と順調な結果です。

オリンパス社製胸腔鏡 参考画像

月経随伴性気胸(胸腔内子宮内膜症性気胸)は、手術で制御可能と考えています。しかし、手術を強要することはなく、生活スタイル、妊娠の希望など、また年齢、症状の強さ、なによりご希望に合わせて “ひとりひとりの治療法” を探していければと考えています。

難治性気胸

一般的に治療の困難な気胸です。
肺は、常に外気にさらされ、ウイルスや細菌による感染、たばこや大気の汚染物質などによる肺障害により、“肺を壊そうとする力”が働きます。一方、人間の体は壊れた部分や障害を受けた部分を治そうとします。(自然治癒能力)

“肺を壊そうとする力” が “自然治癒能力”に勝るようになると、気胸を繰り返すようになります。このような難治性気胸は、一筋縄では治療が難しい。前述の胸腔鏡手術ダブルカバーリングに加えて、破壊力をなるべく低下させ(禁煙指導、誤嚥・肺炎防止などのアドバイス)、自然治癒能力の強化(栄養指導、生活指導、呼吸器リハビリテーション、ストレスの軽減など)を組み合わせて、“トータルな全人間的治療”を考えていければと考えます。

その他 特殊な気胸

BHD症候群、リンパ脈管筋腫症、エーラスダンロス症候群(4型:血管型)、マルファン症候群、肺腫瘍に伴う気胸など 17種類以上の疾患を常に考えて、治療方針を検討しています。

気胸 = “肺風船のパンク” は、様々な原因で起こりうる疾患です。
そのすべてに対応できるように、我々は気胸・肺のう胞スタディーグループを組み、共同でディスカッション・相談・治療を行っています。

いまは、セカンドオピニオン、サードオピニオンの時代です。
気胸で困っている患者さん・ご家族、また相談のある方、気軽に相談を頂ければと考えております。

http://lungcare.jp/member.html
http://lungcare.jp/member.html

おもな気胸関連論文:

1.BHD症候群 続発性気胸に対する全胸膜カバーリングに関する論文
Mizobuchi T, Kurihara M, Ebana H, et al. A total pleural covering of absorbable cellulose mesh prevents pneumothorax recurrence in patients with Birt-Hogg-Dubé syndrome. Orphanet J Rare Dis. 2018 May 15;13(1):78.

2. リンパ脈管筋腫症 続発性気胸に対する全胸膜カバーリングに関する論文
Kurihara M, Mizobuchi T, Kataoka H, et al. A Total Pleural Covering for Lymphangioleiomyomatosis Prevents Pneumothorax Recurrence. PLoS One. 2016 Sep 22;11(9):e0163637.

おもな気胸関連 奨励賞

1.2016年 アジア呼吸機能イメージング学会 研究プレゼンテーション賞
月経随伴性気胸・胸腔内子宮内膜症の特殊光を用いた微小病変の同定方法に関する研究

2.2018年 日本外科学会 優秀演題賞
月経随伴性気胸に関する 胸水の流れを考慮した手術方法
この方法を用いることで、胸腔鏡手術後の再発率を約20%に低下させ、最終的に約95%の方の気胸を制御しうるという画期的な報告となりました。呼吸器外科分野の一般公募で第一位の点数を頂き、プレナリーセッションに選出されました。

診療受付時間 8:30~11:30
(土・日・祝祭日・年末年始を除く)

待ち時間短縮のため、事前に予約をお取りいただき、ご来院されますようお願いいたします。
予約について

千葉県済生会習志野病院 〒275-8580 習志野市泉町1-1-1  TEL:047-473-1281(代表) 
交通アクセスはこちら