千葉県済生会習志野病院薬剤部

当院を訪問する製薬企業MRさんへ

当院でのMR活動については、以下の点にご協力お願いいたします。

DI室案内

訪問・医薬品宣伝活動などに関して基本事項

当院におけるMR活動について

  • 当院薬剤部への活動については以下の通りとさせていただきます。ご留意の上、厳守をお願いいたします。
  • ここに記載してある事項を聞いてくる方がいます。質問事項は記載内容を確認した後にお願いします。

訪問資格

  • MR認定試験合格者(院内では必ずMR認定証を見える位置に着用)
  • 入館許可を守衛室にて受けた方(必ず入館許可証を見える位置に着用)

訪問時間

  • 平日15:00~17:00(緊急時や薬剤部からの依頼がある場合、アポイントのある場合を除く)
    ※木曜日のみ、15:00~15:30まで

訪問方法

  • 守衛室にて入館許可を受け、入館許可証を入手してください
  • DI室の扉に設置されているインターホンを鳴らしてください
  • 入退出時、DI室内に設置した訪問記録の記載をお願いします(訪問日、入出時間等
  • 不在、取込み中などの場合には、DI室扉にその旨を表示します(不在等の場合:資料のお届け等については、扉に資料を入れていただき扉ポケット内の訪問記録を記載してください)
  • 医薬品宣伝活動について→別途記載
  • 添付文書等変更→2部ずつ提出をお願いします
  • 勉強会の案内→名刺と一緒に提出いただき、事前参加連絡の必要の有無を明記ください
  • 担当交代→必ず新旧担当の方揃ってお越しください(引き継ぎされていない事が多い為)。DI室のみでなく薬剤部長へご挨拶ください

薬剤部長へのアポイント

  • 直接薬剤部長へE-mail(アドレスはDI室でお伝え致します)にてアポイントをとってください
  • アポイント当日は、お薬お渡しカウンター(会計横)へ直接お越しください

医薬品宣伝活動について

  • 新薬に限らず新たに当院内で薬剤を宣伝する場合には、必ず「新規医薬品宣伝届」をDI室まで提出してください
  • 「新規医薬品宣伝届」は当院HP内、「薬剤部→当院を訪問する製薬企業のMRさんへ」から入手できます。最新版を使用していない場合は、受理しませんのでご注意ください
  • 宣伝届の提出なしに院内PRをした事が判明した場合や、学術的な誤情報(有効性や安全性の誇張など)を提供した場合には、宣伝中止、院内活動停止などの対応をとる事がありますのでご注意ください
  • 医師からの問い合わせ等への対応は、宣伝許可の有無に関わらず速やかに行い、その旨を薬剤部へフィードバックしてください
  • 新規剤形(OD錠、オートインジェクター等)の場合→宣伝届を提出
  • 後発医薬品→宣伝届の提出は原則不要ですが、こちらからお願いする場合もあり。先発医薬品と剤形的な違いなどがある場合は提出
  • 安全性・回収等に関する情報→採用の有無に関わらず、緊急安全性情報やマスコミ情報、製品回収や流通状況のトラブルなどについては、速やかに情報伝達をお願いします(※特にマスコミ報道がある場合などでは、迅速な情報伝達をお願いします)。これらの場合、訪問よりも電話、FAX(薬剤部DI室直通:047-473-7876)を優先します
  • 平日(8:30-17:30)以外の時間帯、休日における薬剤部への電話はご遠慮ください
  • 特定医薬品の処方医の確認薬事委員会開催時期や審査結果院内外採用薬情報後発医薬品への切替情報患者個人情報に関わる情報などについてはDI室ではお答えできません。
  • こちらの”当院でのMR活動について”を厳守してください。

新規宣伝薬剤のヒアリングについて

  • 予約制とします。DI室に訪問した際に予約日(原則、発売日以降に受付)についてご相談ください(原則、締め切りは1週間前
  • 予約時、下記のものをそろえて2部提出してください(クリアーファイル20ポケットなどを使用し、背表紙に薬剤名を記載)
  • 新規医薬品宣伝届、添付文書、IF、製品情報ガイド、適正使用ガイド、患者用説明書・冊子、RMP、配合変化資料(シロップ剤、軟膏剤、注射薬など)全例調査、市販後調査など

全例調査、市販後調査など

  • 当院と契約を交わす書類に関しては、治験管理室に直接連絡を取って対応してください。契約成立後はその写しをDI室へ提出してください

新規医薬品宣伝届け書式

● 下記の”新規医薬品宣伝届け書式”でお願いいたします。(WORD形式)