■ 関節外科センターのご案内

診療のご案内

我が国は、急速に高齢化社会に向かいつつあり、種々の関節疾患に悩む人々は増加の一途です。
また、個々の生活の多様化からスポーツ活動に由来する関節障害や、生活習慣に起因する関節疾患も増加してきております。
そのような多岐にわたる関節障害に対して、日常生活の指導から始まり、保存的療法さらには手術療法、術後のリハビリテーションを含め総合的に治療できる“関節疾患の治療”を専門とするセンターを、済生会習志野病院に開設する運びとなりまました。
従来から各地にできているいわゆる“人工関節センター”とは異なり、人工関節のみを治療の主体とするのではなく、関節鏡による治療や骨切り術による関節温存術、筋・腱などの軟部組織に対する手術など、それぞれの患者様に最適なオーダーメードの治療を行うことを目的としております。
このような医療を実現するために、それぞれの関節に対する専門の医師を集め、多くの患者様のために安心していただける“真の医療”を提供したいと考えております。

スタッフ紹介

原田 義忠  ( ハラダ ヨシタダ )  副院長

【主な経歴】
昭和57年千葉大学医学部卒 / 平成2年千葉大学大学院卒
1992年~1994年:ハーバード大学・Massachusetts General Hospital留学
1994年より千葉大学医学部附属病医院にて、股関節外科のチーフとして多数の手術を手がけ、2008年3月まで千葉大学医学部整形外科准教授として関節外科部門を統括しておりました。
【資格】
医学博士
日本整形外科学会専門医・同代議員
日本リウマチ学会専門医
日本股関節学会評議員、日本人工関節学会評議員、関節鏡学会会員
【専門分野】
股関節疾患・リウマチ疾患に対する治療を専門とし、股関節鏡・股関節の骨切り術・人工股関節などの手術を専門としています。
【コメント】
1997年より、日本人の体格・生活様式の即した人工股関節(Centpillar/ストライカー社)の開発を、東京医科歯科大学・大阪大学とともに行い、現在178例の患者様に使用させていただき、良好な成績を得ています。また大腿骨骨切り術専用のプレートシステム(HOP system/ナカシマメディカル社)を開発し、154例の患者様に使用させていただきました。現在は、国内有数の股関節外科専門の先生とともに、再置換術専用の人工股関節インプラントの開発を行っており、近々臨床応用可能となる予定です。
手術手技のみならず、様々な器具・人工関節などのインプラント・固定材料の開発に取り組み、患者様のためによりよい医療を提供することを目指しております。

 

●症例一覧:1994年~2007年の手術症例
人工股関節
918例
人工股関節再置換術 192例
寛骨臼回転骨切り術
65例
大腿骨頭回転骨切り術(杉岡式) 59例
内反骨切り術
80例
外反骨切り術 23例
Chiari骨盤骨切り術
89例
関節鏡による手術 512例

宮坂 健  ( ミヤサカ タケシ )  医長

【主な経歴】
平成10年 千葉大学医学部卒業
【資格】
医学博士
日本整形外科学会専門医
日本人工関節学会員
日本股関節学会員
日本リウマチ・関節外科学会員
2006年 Asia Pacific Orthopedic Association Hip Section Best Paper Award受賞
【コメント】
平成10年に千葉大学医学部付属病院に勤務し、上都賀総合病院、県立須坂病院など千葉大学関連病院にて一般整形外科を研修した後、千葉大学大学院に進み、平成19年3月までの3年間は千葉大学医学部付属病院整形外科の股関節外科グループに所属し鏡視下手術・骨切り術・人工関節置換術などを主体とした股関節の分野にて多数の手術症例に携わってきました。平成19年4月からは、鹿島労災病院に勤務し守屋秀繁千葉大学名誉教授の下で、膝関節再建外科について研鑽を積みました。平成20年4月より済生会習志野病院・千葉関節外科センター開設に伴い、股関節・膝関節再建外科担当医として勤務となりました。

宮城 仁  ( ミヤギ ジン )  医長

【主な経歴】
平成9年琉球大学医学部卒
【資格】

医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本医師会認定産業医

人工関節学会会員
【コメント】

平成9年に千葉大学整形外科に入局後、関連病院にて整形外科研修を行いました。平成15年4月より3年間は千葉大学医学部付属病院整形外科の リウマチグループに所属し、関節リウマチに対する薬物療法および外科的療法とともに膝関節疾患の分野にて多数の症例に携わってきました。

平成19年4月からは、鹿島労災病院にて守屋秀繁千葉大学名誉教授の下で人工関節を主体とした膝関節再建外科を学びました。平成25年4月より済生会習志野病院・千葉関節外科センターの股関節・膝関節再建外科担当医として勤務となりました。

荻野 修平  ( オギノ シュウヘイ)  非常勤医師

【主な経歴】
平成10年千葉大学医学部卒
【資格】
医学博士
日本整形外科学会専門医
【専門分野】
肩関節、肘関節、膝関節
【コメント】
千葉大学医学部附属病院、成田赤十字病院、千葉県がんセンター、川鉄千葉病院などで研修を積み、平成19年3月千葉大学大学院を卒業し博士号を取得しました。平成19年4月より米国ハーバード大学医学部の教育関連病院であるBrigham and Women's Hospitalに留学し、整形外科分野における画像診断について研究しました。平成20年4月より済生会習志野病院・千葉関節外科センター開設に伴い、肩・肘など上肢の関節外科ならびにスポーツ医学担当医として勤務となりました。

永嶋 良太 (ナガシマ リョウタ) 非常勤医師

【主な経歴】
平成10年山梨大学医学部卒
【資格】
医学博士
日本整形外科学会専門医
関節鏡学会会員
膝学会会員、
足の外科学会員
【コメント】
平成10年に千葉大学整形外科医局入局後、関連病院にて一般整形外科を研修した後、川鉄千葉病院、千葉大学附属病院を経て主に膝関節外科、足の外科を専門としております。
平成20年3月までの3年間は千葉大学医学部付属病院整形外科のスポーツグループ、足の外科グループに所属し関節鏡視下手術を主体とした膝関節(前十字靱帯再建術、半月板、離断性骨軟骨炎、反復性膝蓋骨脱臼など)、成人足関節・足部疾患(外傷、外傷後変形治癒、足関節不安定症、距骨骨軟骨障害、外反母趾、扁平足など)の分野にて多数の手術症例に携わってきました。
平成20年4月より済生会習志野病院・千葉関節外科センター開設に伴い、膝・スポーツ医学ならびに足の外科担当医として勤務となりました。

●経験手術件数

人工股関節置換術
153例
人工股関節再置換術
24例
骨切り術などの関節温存術
102例
大腿骨内反骨切り術
16例
キアリ骨切り術
14例
杉岡式大腿骨頭回転骨切り術

9例

寛骨臼回転骨切り術
12例
股関節鏡視下手術
51例
骨折などの整形外科一般的手術
約750例