「お薬手帳」をご存知ですか?

 

「お薬手帳」ってなんでしょう?

「お薬手帳」は、あなたが今まで服用したり、使ったりしたお薬の
名前や量、そして過去に経験した副作用などを継続的に
記録するための手帳です。
 

「お薬手帳」は次のような便利な役割を持っています。

他の病院・診療所・歯科医院にかかった時にこの手帳を医師、歯科医師に見せることで薬の重複などを避けることができます。
外出時に急な事故にあった時など、この手帳を携帯することでいつも服用している薬の内容がわかり、医療機関による救急救命処置が円滑に行いやすくなります。
手帳の記録をもとに医師、歯科医師、薬剤師の連絡が円滑に進みます。
 

「お薬手帳」はどのようにして使うのでしょう。

病院、医院、薬局へ行った時には必ず毎回、
医師・歯科医師・薬剤師に見せましょう。
薬局・薬店でお薬を買った時にもその名前を記録しておきましょう。
通院時、外出時には必ず持ち歩きましょう。
 

お薬手帳は、病院・薬局ごとに分けずに1冊にしましょう!

この手帳は、“医療情報の共有化”という医療者間の掛け橋の他に、
ご自分の健康情報を記録し医療者に伝えられるという“患者と医療者の掛け橋”としての役割を果たすことも出来ます。
 

お薬手帳はどうやって入手するのでしょう。

「お薬手帳」はあなたの「かかりつけ薬局」の薬剤師に相談すれば手に入れることができます。
使い方がよくわからない時にも遠慮なく薬剤師に相談しましょう。